審美歯科Esthetics

~口元のコンプレックスを解消しませんか~

見た目の美しさは口元のコンプレックスを解消するだけでなく、歯や歯茎の健康を持続させることにも大きく貢献します。審美歯科と言っても単に見た目を綺麗にするだけではなく、正常な噛み合わせを作り出し、身体の機能をあるべき状態へ導く「機能美」も求められます。歯にコンプレックスを持っていて「人と話しづらい」「思い切り笑えない」という悩みを解消するのも重要な役割の1つで、お仕事でもプライベートでも綺麗な歯であることに越したことはありません。歯が綺麗になると清潔な印象はもちろん、何よりも自分自身に自信が持てるなど、とても良い影響があります。

あなたのお悩みに合わせた審美治療をご提供致します。

歯並びを綺麗にしたり、以前入れた被せものが黄ばんでいて天然の歯の様にしたい方

セラミック治療

歯並びを綺麗にするため、セラミック素材の被せものをします。前歯の歯並びを綺麗に整えることが可能です。天然歯の様な歯の先端部分の透明感、歯の根元から先端にかけての綺麗なグラデーションを再現することが出来ます。

歯を白くしたい方

ホワイトニング

ホワイトニングの一番大きなメリットは、歯を全く削ることなく白く美しくすることが出来ます。

歯の黄ばみ、ワイン・タバコによる着色が気になる方

ホワイトニング

ホワイトニングの一番大きなメリットは、歯を全く削ることなく白く美しくすることが出来ます。

PMTC

クリーニングの専門家による徹底的なクリーニングです。日々の歯磨きでは取れない汚れを専門的な技術と専門ツールを用いて除去します。

歯肉が黒ずんでいて気になる方

歯肉メラニン除去[ガムピーリング]

タバコを吸われ色素沈着の強い方や、加齢変化により歯茎が黒ずんでしまっている方にはこの治療がお勧めです。

セラミック治療

詰め物(インレー)や被せもの(クラウン)にセラミック素材(陶器)を使用する治療です。
例えば虫歯や歯周病などで歯を削った場合、保険診療の銀歯で補うケースがありますが、当院では審美性・耐久性に優れた自費診療のセラミックをお選びいただくことも可能です。

  • 前歯の色・形が気になる方
  • 笑った時に銀歯が見えてお困りの方
  • 今まで被せた歯の大きさ・形を治したい方
  • 金属アレルギーでお困りの方

セラミック(陶器)の優れた特徴

セラミックとは強く、軽く、美しくそして体に優しい陶器に似た素材です。それを歯に応用して本物の歯と寸分変わらない綺麗な見た目の歯を作ることに活用されるようになりました。

美しい見た目・変色しない

セラミックは天然歯の様な美しい透明感があり、ほとんど変色しない素材で周りの歯と良く調和します。

金属アレルギーの心配がない

オールセラミックは全てセラミック素材で作成するため体に優しく、金属アレルギーの方にも安心です。

歯垢や歯石も付きにくい素材

表面がツルツルしているので歯垢や歯石も付きにくく、日常のお手入れが楽です。

保険診療の特徴

前歯→中身は金属で外から見える部分のみ白いプラスチック

  • 時間が経つと変色してしまい、隣の歯との色の違いが目立ってくる
  • 裏側から金属が見えてしまう
  • 時間が経つと金属が錆びて溶け出し歯や歯茎の変色、金属アレルギーを引き起こす可能性がある

奥歯→金属冠

  • 全て金属素材なのでギラギラ目立ち、見た目が良くない
  • 時間が経つと金属が錆びて溶け出し歯や歯茎の変色、金属アレルギーを引き起こす可能性がある

セラミックの治療方法

ハイブリッドセラミック

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜたもので「ハイブリッド」とも呼ばれています。

メリット

  • 硬すぎないので、嚙み合う歯を傷めにくい
  • 金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配もなく、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色が起こらない
  • 比較的安価で製作できる

デメリット

  • 色調がオールセラミックやジルコニアセラミック治療に比べ劣る
  • 長期間の使用で徐々に変色・劣化する可能性がある
  • ある程度の強度はあるが、咬み合わせによっては使えない箇所もある

オールセラミック

オールセラミックは全てセラミック(陶器)からなります。金属が一切使われておらず、光を透過して自分の歯のような透明感があります。見た目が重要視される前歯の治療に適しています。

メリット

  • 透明感があり、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配もなく、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色が起こらない

デメリット

  • 割れやすい
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 仮止めで様子を見ることができない

ジルコニアセラミック

ジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたもので、「ジルコニアボンド」とも呼ばれています。ジルコニアは5色しかありませんが、セラミックで色を自由に調整できますので、透明感があり、不自然さがなくなります。女性の前歯など、審美性を重視する方にお勧めです。

メリット

  • 透明感があり、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属を一切使用しないので金属アレルギーの心配もなく、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色が起こらない
  • 天然歯とほとんど見分けが付かない被せ物を製作することができる
  • 咬み合わせの強い部分にも使用できる
  • どこの歯にも対応できる

デメリット

  • 費用が高い

ジルコニアとは

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても大変有名ですが強く、軽く、美しくそして体に優しい陶器に似た素材です。今まで歯科治療材料として金属素材が使われるケースが多かったのですが近年、金属アレルギーなどの心配がないセラミックによる歯科治療が注目されています。
歯科用セラミック材料に求められる要素は強度があり、美しく、安心できる素材であることです。ジルコニアは強度と靭性をもち耐久性、耐食性、耐熱性にも非常に優れ、美しく人体へのなじみも高いことから金属材料に取って代わるものとして最も注目されているセラミックなのです。
今、このジルコニアの登場により歯科治療が大きく変わろうとしています。それは金属を一切使わない夢の治療。日本では2005年に歯科用ジルコニアセラミックとして薬事法の許可を受け使われ始めました。

素材名 硬さ 曲げ強度 色調 変色 価格
ハイブリッド × 安め
オールセラミック 高め
ジルコニアセラミック 高額
ひざおり歯科クリニック
048-466-6555
診療時間 日・祝
9:30~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

△は14:30~18:00までとなります