歯周病治療Perio

歯周病とは

テレビのCMなどで、弱く柔らかくなったトマトに歯が刺さっていて崩れてしまう描写などがあったことで、歯周病の存在は皆さんご存知かと思います。
成人の80%以上の人が歯周病で35歳以上で歯周病になっていない健康な歯肉を持った人は100人に1人もいないといわれています。
歯周病とは「静かなる病気」と言われ歯周病菌によって歯肉に炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かしていく現象のことで自覚症状がなくても進行が続いていることもあるのです。
そのまま放置してしまうと歯を失う原因となります。近年の研究結果では歯周病が全身に及ぼす影響として様々な病気の発症や悪化に関わることもあります。

気になる症状があればできるだく早く相談して下さい。

歯周病の原因

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病の直接的な原因は、プラーク(歯垢)です。
プラーク中には虫歯菌や歯周病菌が、1mgになんと1億個以上いるといわれています。
この中の歯周病菌は歯磨きを怠ったり、砂糖を取りすぎたりすると酸素の少ない場所を好んで歯と歯の隙間の歯周ポケット内で増殖していきます。歯周病菌が出す毒素や酵素によって、歯周組織に炎症を起こし、歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かす歯周病へと進行していきます。

歯周病は加齢現象ではありませんので諦めず早期の治療をお勧めします。

歯周病の症状

歯周病は虫歯と違い痛みもなく進行するため、気が付いて病院に行く頃には抜歯ということもある厄介な病気です。
このような症状が出ていたら早めに受診して下さい。

  1. 歯磨きをすると歯茎から出血する
  2. 歯茎が赤く腫れている
  3. 歯茎から膿がでる
  4. 以前よりも歯が長くなったように感じる
  5. 歯がグラグラする
  6. 口臭を感じる、口臭があると言われた
  7. 食べ物が挟まりやすくなった
  8. 朝起きたら口の中がネバネバする

歯がグラグラして歯茎が腫れることを主訴として来院。
中程度から高度の歯周病です。治療が必要となります。

危険因子(リスクファクター)

歯周病の進行を早めてしまう要因としては、以下のような行動が挙げられます。

  1. 喫煙
  2. ストレスを感じている方
  3. 口呼吸の方
  4. 妊婦、思春期の方
  5. 全身疾患(糖尿病・骨粗鬆症・ホルモン異常)
  6. 歯並びの悪い方
  7. 歯ぎしり、食いしばり、の強い方

歯周病の進行

  1. 健康な状態
  2. 軽度歯周病軽度歯周病歯周ポケット3~5mm
    歯周ポケットが深くなり歯茎の下にもプラークや歯石が付く。
  3. 中度歯周病中度歯周病歯周ポケット4~7mm
    歯周ポケットがさらに深くなり骨もやせはじめる。
  4. 重度歯周病重度歯周病歯周ポケット6mm以上
    歯茎も骨もやせ歯を支える力がなくなってくる。

歯周病の治療

歯周病により壊れた歯周組織を元の状態に戻すことはできません。いかに歯周病の進行を止めるかが大切になってきます。
治療をせずに放置すればするほど治療内容は難しくなり外科的処置が必要になってきます。
歯周病は初期段階で治療をすれば完全に治すことができます。

軽度歯肉炎・歯周病

歯と歯茎の間にプラークが付着することから始まります。
歯茎の腫れや出血のみで痛みはない。

治療
【1】プラークコントロール[ブラッシング指導]
お一人お一人磨き方には癖があります。
染色剤(染め出し液)により、磨き残しのある部分の説明及びブラッシング指導を行います。
【2】スケーリング
歯周ポケット内にある歯石を除去します。この際、歯肉の健康状態もチェックします。

中度及び重度歯周病

プラークの侵入で深い歯周ポケットが形成。日常的に歯茎が腫れ、血・膿・口臭などが出る。悪化すると歯が動き痛みを感じるようになる。

治療
【1】SRP[スケーリング・ルートプレーニング]
正しくプラークコントロールが行われているが、歯周ポケット内の深くに歯石があるために症状が改善されない場合この歯石を除去します。この際、局所麻酔が必要になることがあります。
【2】歯周外科処置[歯肉剥離掻爬術]
深い歯周ポケットを形成している病巣がよく見えるように歯肉を切開して部分的に開き、深い部分に残っている歯石や感染している組織を取り除きます。

咬合性外傷

咬み合わせにより特定の歯に過剰な力が加わり歯、歯茎、歯を支えている骨、顎の関節が負傷することで歯周病が悪化します。
次のような症状はありませんか。

  1. 噛んだ時の歯の痛み
  2. 歯の摩耗
  3. 歯が折れる
  4. 歯茎が下がり歯根が見える
  5. 知覚過敏
  6. 詰め物や被せ物がはずれる
  7. 歯周病の進行促進
治療
咬合性外傷は個人差も強くその方の生活環境や癖、ストレスとも関係が深いため「上手く付き合っていく」「予防していく」ことが重要です。根本的な原因を追究し解決していくことが必要です。
歯の問題であれば歯の治療を行います。
・噛み合わせを整える。
・マウスピース[ナイトガード]により歯の負担を軽減させる。
ひざおり歯科クリニック
048-466-6555
診療時間 日・祝
9:30~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

△は14:30~18:00までとなります