詰め物ができる過程ってどんな感じ?わかりやすい詰め物製作の流れを紹介!

みなさんこんにちは!

 

朝霞市にある「ひざおり歯科クリニック」です。

 

みなさんが虫歯などで歯の治療をするときに「金属の詰め物」や「金属の被せ物」を入れたことはありませんか?

歯型を取るアレです!

 

あの詰め物を作るときには型取りをさせていただき、次回の治療では詰め物が完成しているということが多いですよね。

そこで、今回はみなさんのお口の中に入っている金属の詰め物や被せ物がどのようにして作られているのかご紹介したいと思います。

 

  • 歯型をとる(歯科医院)

まずは、患者様のお口や歯の型取りをさせていただきます。この型取りをする際に、「嘔吐反射」という反射が強い方は当院スタッフへお申し付けください。嘔吐反射に対処させていただきます。

  • ワックスで歯の形を作る(歯科技工所)

実際に歯科医院で型取りされたものに、石膏を流して歯の模型を作製いたします。歯の模型では金属の詰め物や被せ物が入る部分がないので、ここへワックスを盛っていき歯の形を作っていきます。

  • 金属に置き換える(歯科技工所)

ワックスで擬似的に歯の形にしているだけでは、患者様のお口の中に入れることができません。そこで、ワックスを金属に置き換えるというステップへ進みます。ワックスを金属に置き換える際には、金属を高温で溶かしたものを流し入れます。

  • 患者様のお口へ装着する(歯科医院)

完成した金属の詰め物・被せ物を患者様のお口の中へ装着します。この際に、他の歯との噛み合わせや大きさなども改めてチェックさせていただきます。噛み合わせがずれてしまうと、肩こりなどの原因になりかねないのでしっかりと噛み合わせの調整もさせていただきます。

 

このような過程を経て被せ物などは患者様のお口元へお届けしております。

少しでも歯科治療を身近なものに捉えていただければ幸いです。

 

関連記事

  1. 歯に優しい食べ物って何?歯医者さんが紹介します

  2. 市販と歯科医院ではフッ素の濃度が違う?なぜ濃度が違うのかを解…

  3. 梅雨入りで歯が悪くなる?雨と歯周病の関係を研究したデータを紹…

  4. ひざおり歯科クリニックの公式サイトがOPENしました

  5. 歯を染め出して磨き残しを知ろう!正しい歯磨きを指導しています…

  6. お子様の治療で当院が工夫していること!小児歯科治療にも対応し…

過去の投稿

診療時間 日・祝
9:30~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

△は14:30~18:00までとなります