お子さんの虫歯と高齢者の虫歯は症状が違います!虫歯で悩んでいませんか?

みなさんこんにちは!

朝霞市にある「ひざおり歯科クリニック」です。

 

さて、今回は虫歯についてのお話をしていきます。

虫歯は小さなお子様からお年寄りの方まで「歯」が生えていれば誰でも発症しうる歯科疾患です。子供の頃から虫歯にならないように歯磨きを頑張ってきた!という方もいるのではないでしょうか。

 

実は、虫歯は一言で片付くものではありません。

お子様の虫歯と高齢の方の虫歯で異なるのです。

 

お子様の虫歯は症状の進行が早く歯が痛くなることが特徴的です。

高齢者の虫歯は症状が遅く、歯痛は起きにくいとされています。

 

同じ虫歯ですが症状の進行スピードや自発痛の有無など、大きく異なることはわかりますよね。

異なる症状が出るかもしれない虫歯でも、発生する原因や治療法は大きく変わることはないです。

毎日丁寧な歯磨きをしていれば虫歯予防に効果があります。

 

風邪をひいたときや少し切り傷ができてしまったときは、放置していても自然に治ることが多いですよね。

しかし、虫歯の場合は自然に治ることがありません。大きな虫歯になって時間のかかる治療へ移る前に、小さな虫歯の段階から治療を受けませんか?

 

関連記事

  1. 新しい幹細胞移植でインプラント治療の幅が広がる?

  2. お口の機能が低下する?オーラルフレイルという考え方

  3. すきっ歯は治せます!部分矯正治療にも対応している歯科医院

  4. 市販と歯科医院ではフッ素の濃度が違う?なぜ濃度が違うのかを解…

  5. 全身と歯科治療の関係性!歯科医院が注意している3つのポイント…

  6. 梅雨入りで歯が悪くなる?雨と歯周病の関係を研究したデータを紹…

過去の投稿

診療時間 日・祝
9:30~13:00 × ×
14:30~19:30 × ×

△は14:30~18:00までとなります